2024年春ドラマ

【2024年4月春ドラマ】山P主演『ブルーモーメント』ロケ地・撮影場所はどこ?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年4月水曜日10時放送の『ブルーモーメント』は、気象庁気象研究所のイケメン研究官、晴原柑九朗が率いる特別災害対策本部(SDM本部)の仲間たちと共に、超ド迫力の気象災害に立ち向かい、人命を救うヒーローたちの物語です。

原作は人気漫画家の”小沢かな”さんの『BLUE MOMENT』
主人公の晴原は気象学の天才。「気象学で命を救う」という使命に挑む一方で、最愛の人の死にまつわるミステリーも展開。

そんなブルーモーメントのロケ地や撮影場所も気になるところ。小沢かなの作品は「空」にまつわる物語が多い。となると、今作のロケ地も「空」に関係する場所が多いかもしれませんね。

ロケ地を予想していくだけでも、ドラマの放送までのワクワク感も高まりますよ!是非一緒に楽しんでいきましょう!!

ブルーモーメントのあらすじやキャストの紹介

ブルーモーメントのロケ地の予想に入る前に、物語のあらすじやキャストを改めてご紹介しますね!

ドラマ好きな男性

物語をおさらいして、ロケ地予想をもっと楽しもう!

あらすじ

『ブルーモーメント』は、気象学の天才・晴原柑九朗が率いる特別災害対策本部(SDM本部)が、甚大な気象災害に立ち向かいながら人命を救う姿を描くヒーロードラマ。

晴原は報道番組のお天気コーナーで知られる一方で、災害現場では冷静かつ的確な判断で命を守る。彼の毒舌と真摯な姿勢が周囲との軋轢を生み出すが、仲間たちとの絆を深め、最強のSDMチームを築いていく。

物語の中には、晴原が追い続ける謎や、最愛の人の死にまつわるミステリーも織り交ぜられ、ハラハラドキドキの展開が待ち受けている。主演の山下智久は、『コード・ブルー』以来の7年ぶりの民放ドラマ主演で、気象学で命を救うという使命感に燃える役柄に挑戦。

『ブルーモーメント』は、天才の数学脳を駆使して人々を救う晴原の奮闘を描き、春の水曜22時枠で期待の話題作となること必至!

キャスト:晴原柑九朗役 山下智久

久しぶりの主演で、期待が高まるばかりですね!海外にも挑戦した経験から、今回の作品の演技にも注目です。

原作:小沢かな『BLUE MOMENT』

出典:小沢かな 公式サイト

小沢かなさんは漫画家でありイラストレーターとしても活躍しています。ご自身も自家用操縦士(上級滑空機)の資格を取得するなど、「空」に精通した知識を持っています。そんな彼女の作品は、ブルーモーメント以外にも、『ブルーサーマル』や『せきらんうんのいっしょう』など、「空」関係する作品をたくさん生み出しています。

>>>公式サイトはこちら

ドラマ好きな男性

ブルーモーメントを無料で立ち読みしたい方は、下記のコミックシーモアから見ることができますよ!

>>>コミックシーモアはこちら

BLUE MOMENT『ブルーモーメント』のロケ地・撮影場所の予想

さて、気になるブルーモーメントロケ地。物語は「気象予報士」に関わる場所。そして「空」ですよね。となると、広大な大地や空が映りやすい場所が抜擢されそうです。過去の気象予報士が主軸のドラマを参考にロケ地・撮影場所を予想していきましょう!

ドラマ好きな男性

それでは早速、ロケ地に向かってレッツゴー!

長沼フートピア公園

出典:Google

2021年のNHKドラマ、『おかえりモネ』のロケ地となった場所です。およそ20,000平方メートルという、非常に広い敷地で自然を描画するにはもってこいの場所です。現在ではおかえりモネ展も開催されているということで、気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

※展示は記事投稿時点の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。

長沼フートピア公園の情報
〒987-0513 宮城県登米市迫町北方天形161番地84
>>>公式サイトはこちら

竜ヶ崎飛行場

出典:Google

こちらは山下智久さん主演のドラマ『コードブルー』で使われたロケ地です。今作も気象予報士ということで、もしかしたら空が映りやすい飛行場での撮影が行われるかも?とのことで、こちらをピックアップしてみてました。

竜ヶ崎飛行場の情報
〒301-0806 茨城県龍ケ崎市半田町3177

山下公園

出典:Google

樋口幸平さん主演のドラマ、『体感予報』のロケ地として使われた公園です。体感予報はボーイズラブがテーマですが、主人公はイケメン気象予報士と被っているところがあります。そこで使われた公園は、ブルーモーメントでも使われる可能性があるかも?

山下公園の情報
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279

気象大学校

出典:気象大学校 寄宿舎(智明寮)

同じく体感予報で使われた気象予報士を目指す学生たちが通う学校です。気象予報士としての風景を描く場所には外すことは出来ませんよね。ブルーモーメントも気象予報士がメインの物語。ドラマの作中でも使われる可能性が高そうです。

気象大学校
〒277-0852 千葉県柏市旭町7丁目4−81

ブルーモーメントをもっと楽しむ方法

はてなちゃん

ドラマをもっと楽しむ方法はないかな?

ここからは、普通にドラマを見るだけじゃ物足りない!そんなあなたに、ブルーモーメントをもっと楽しむコツをお教えしちゃいますね!

ロケ地を巡って、聖地巡礼!

物語の魅力を体感しましょう。ドラマの中で繰り広げられる緊迫した救助シーンや仲間たちとの絆が生まれる場所を実際に訪れることで、物語の臨場感をより深く感じることができます。また、美しい風景やドラマの舞台裏に潜む魅力も発見できるはずです。

今回は美しい自然や、もしかしたら空港など、今まで行ったことの無い場所がロケ地として採用されるかもしれません。

旅行がもっと楽しくなる、そんな聖地巡礼を兼ねて足を運んでみると、とっても楽しいですよ。

同じく、2024年の春からスタートするドラマ、石原さとみさん主演の『Destiny』でも気になるロケ地がたくさん。こちらの記事も是非楽しんでくださいね。

原作との違いを楽しむ!

原作ファンにとっては、コミック版とドラマ版の違いを楽しむのも一つの醍醐味です。

物語の進行やキャラクターの描写、設定の変更など、どのようにアレンジされているかを比較することで、新たな発見や驚きが待っているでしょう。原作を知っているからこそ、ドラマ版のアプローチがより楽しめます。

山Pの演技にも注目!

なんと言っても、山Pこと山下智久さんの演技に注目ですよね。

彼が主演ということで、ブルーモーメントをより深く楽しむことができそうです。気象学の天才でありながらも毒舌な一面を持つ晴原柑九朗をどのように演じるのか、彼の芝居の奥深さや表現力に心を奪われることでしょう。彼が描くキャラクターにどれだけの魅力や深みを与えるのか、その見どころを見逃さずに感じてください。

まとめ:ブルーモーメントは「空」が舞台に!?

2024年4月に放送されるドラマ『ブルーモーメント』は、山下智久さん演じる主人公の晴原柑九朗が率いる特別災害対策本部の仲間たちとともに、気象災害に立ち向かい、人命を救うヒーローたちの物語です。

今回の記事では、ドラマのロケ地や撮影場所に焦点を当て、ドラマをもっと楽しむコツを紹介しました!

小沢かなさんの作品に登場する「空」にまつわる場所がロケ地に選ばれる可能性を予想してきましたが、実際にはどこがロケ地となるのか?とっても気になりますよね。

新しい情報が入り次第、随時更新していきますので、お楽しみに!