MENU
ドラマ

『十角館の殺人』のロケ地・撮影場所を徹底紹介|待望の実写化!!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
はてなちゃん

十角館の殺人のロケ地ってどこなの?

ミステリー小説好きにはたまらない、そんな作品の一つである『十角館の殺人』。待望の実写ドラマ化ということで、驚愕のストーリー展開や、その舞台はどこが使われるのか?と非常に話題となりました。

今回の記事では、実写化不可能と言われたドラマ『十角館の殺人』のロケ地、撮影場所について紹介していきます。

実写ならではの、奇妙でホラー地味たスポットに、さらに心寄せられますよ。

hulu独占ドラマ『十角館の殺人』のロケ地紹介

『十角館の殺人』のロケ地は、ドラマの雰囲気をより一層引き立てているんです。それでは早速みていきましょう!

角島(神奈川県三浦市 盗人狩)

ドラマの中心舞台となる十角館がある角島は、神奈川県三浦市にある「盗人狩(ぬすっとがり)」で撮影されました。ドラマ冒頭にて、ミス研のメンバーが船から降りて歩いていた岩壁のシーンがこちらです。

ごまみ

奥の方に見える岩場と岩場を繋いでいる橋は歩いて大丈夫なの?不安になるわね・・・。

盗人狩の情報
〒238-0105 神奈川県三浦市南下浦町毘沙門

COFFEE SHOP「MOTHER GOOSE」(神奈川県横浜市 SKYLEI)

第1話で江南と島田が訪れるカフェ「MOTHER GOOSE」のロケ地は、神奈川県横浜市にある「SKYLEI」です。おしゃれな内装と静かな雰囲気が特徴で、昭和レトロなイメージを今でも感じることが出来るカフェなんです。ドラマの作中では、SKYLEIのロゴが見えない状態でした。

カフェSKYLEIの情報
〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町2丁目12

江南が漁師に聞き込み調査していた港(真鶴港)

江南が漁師に船で角島を行き来できるか聞き込みをしていた港です。島田が長靴を吊り上げていたシーンです。

真鶴港の情報
〒259-0201 真鶴

日野RBのバス車内

こちらは明確ではありませんが、最終話にて守須が乗っていたバス車内のシーンです。日野RBは神奈川県川崎市、長野県で走っていたバスです。

バス車内の映像を見ると、降車ボタンの縁が金属で丸い押しボタンとなっていますが、こちらは日野RB特有のデザインだったかと思われます。

ごまえもん

バスファンの方、間違っていましたら申し訳ありません。是非情報のご提供いただけると訂正させて頂きます!

守須と千織が語っていた喫茶店(居留珈)

最終話で二人がミステリー小説について話していたシーンがこちらの喫茶店です。特徴的な椅子、ランプ、アンティークな人形が目印のこちらの喫茶店。コーヒーを飲みながらミステリー小説を読んでみてはいかがでしょうか?

居留珈の情報
〒177-0041 東京都練馬区石神井町5丁目3−12

食べログで詳細を今すぐチェック!

守須が描いていた絵の題材、島田が訪れた場所:熊野磨崖仏

最終話にて島田が訪れたシーンです。11世紀頃に作られたと言われている、国内最大級の磨崖仏です。

磨崖仏とは?
自然の岩壁に彫刻された仏などのことを指します。

熊野磨崖仏の情報
〒879-0853 大分県豊後高田市田染平野2546-3
昭和ロマン蔵から車で約20分程度

周辺のおすすめホテルはこちら、山香温泉です。訪れる際には是非チェックしてみてください!

『十角館の殺人』のあらすじ

『十角館の殺人』は、1986年に起こった一連の殺人事件を描いたミステリードラマです。綾辻行人先生のデビュー作であり、大人気館シリーズの第1作目。そして、ミステリーファンからも愛され続けている作品です。

十角形の特殊な形をした建物。そこに行き着いた7人のミス研のメンバー。この館で繰り広げられる奇妙な殺人事件の真犯人とは?

過去の事件、が今と線で繋がった時、その真実が解明される。物語は小説ならではのトリックであり、実写化はできるのか!?と思われたこの作品。実写での描かれ方に注目です。

『十角館の殺人』のキャスト紹介

『十角館の殺人』には、個性的なキャラクターが多数登場します。それぞれのキャラクターは、著名な推理作家の名前にちなんだニックネームを持っています。

主演:奥 智哉(役:江南孝明)

江南孝明(かわみなみたかあき)を演じる。もとミス研のメンバー。島田と共に事件の真相に迫っていく。

青木崇高(役:島田潔)

中村紅次郎の友人で、江南と偶然出会い、事件の追及に力を貸す。

角島にいるミス研メンバー:ニックネームと由来

エラリイ:望月歩
エラリイ・クイーン

アガサ:長濱ねる
アガサ・クリスティ

ルルウ:今井悠貴
ガストン・ルルウ

ポウ:鈴木康介
エドガー・アラン・ポウ

ヴァン:小林大斗
S・S・ヴァン・ダイン

オルツィ:米倉れいあ
バロネス・オルツィ

カー:瑠己也
ジョン・ディクスン・カー

中村千織:菊池和澄

『十角館の殺人』の原作

綾辻行人氏によるミステリー小説『十角館の殺人』が原作です。小説だけではなく、漫画版も発行されていて、活字が苦手な方は漫画版でも楽しめますよ!

小説版の原作はこちら

やはり王道は小説ですよね。電子版もいいけどやっぱり紙!という方は是非手に取って物語を楽しんでみてくださいね。

漫画版はこちら

漫画版では、主人公の江南は女の子として登場します。絵面もリアルとデフォルメの間といった感じでカッコ良い男性と美人な女性なキャラクターで描かれています。

コミックシーモア等で試し読みも可能です。気になる方はまずは試し読みでチェックしてみてはいかがでしょうか?

ドラマ『十角館の殺人』を見る方法は?

引用元:hulu

『十角館の殺人』はhuluで独占配信されています。全5話となっており、huluに登録すればいつでも視聴可能です。

またhuluでは、話題のドラマも多数配信配信されているので、ドラマや映画、アニメ好きなら是非登録して活用してくださいね!

まとめ

ドラマ『十角館の殺人』のロケ地は、神奈川県三浦市の「盗人狩」を中心に、横浜市のカフェ「SKYLEI」や真鶴港などが使われています。

物語は1986年の角島での連続殺人事件を描き、キャストも個性的で、推理作家の名前にちなんだニックネームを持つメンバーが魅力的でしたね。

huluで全5話が独占配信されており、ミステリーファンには必見の内容。ドラマだけではなく、是非原作も楽しんくださいね!